"/>

 

感染症に関する記事一覧

 

高熱が出やすい感染症

発熱

  • アデノウイルス感染症(プール熱、はやり目など)
  • 夏に流行しやすく、高熱、ノドの炎症、結膜炎、嘔吐、下痢など様々な症状を引き起こします。

  • インフルエンザ
  • 主に冬に流行する感染症で、高熱、関節痛、体のだるさ、咳、鼻水といった症状が現れます。

  • おたふくかぜ
  • 耳の下からあごにかけての炎症、腫れ、痛みが特徴的な症状の感染症です。

  • 川崎病
  • 発熱の他、手足、唇、舌の腫れといった症状が現れる病気です。動脈瘤を形成し、将来心疾患を発症するリスクを高めることがあります。

  • ヘルパンギーナ
  • 夏に流行しやすい、発熱、ノドの痛み、口やノドにできる水疱が特徴の感染症です。

  • 溶連菌感染症
  • 発熱、ノドの炎症、舌の腫れ、口の中に赤い発疹ができる感染症です。

  • ライノウイルス感染症
  • 一般的に言われる風邪の代表的感染症で、発熱、頭痛、ノドの炎症、鼻水といった症状が起こります。大人の風邪の約半数はこの感染症と言われています。

 

発疹の出る感染症

じんましん

  • 帯状疱疹
  • 痛みを伴う発疹が出るのが特徴で、今まで水ぼうそうにかかったことのある人に起こります。

  • 手足口病
  • 夏に流行しやすい感染症で、手、足、口に水疱(水ぶくれ)ができ、発熱を伴うこともある感染症です。

  • 突発性発疹
  • 発熱と発疹が出る感染症で、ほとんどが1歳までの子供に起こります。

  • はしか(麻疹)
  • 発熱、ノドの炎症に加え、全身に発疹(ブツブツ)ができることが特徴の感染症です。

  • 風疹(三日ばしか)
  • 風邪のような症状や全身に赤い発疹ができることが特徴の感染症です。

  • 水ぼうそう(水痘)
  • 全身に水疱(水ぶくれ)ができ、発熱を伴うことも多い感染症です。

  • リンゴ病
  • 頬や太ももに発疹が出ることが特徴の感染症で、その他鼻水、くしゃみ、咳、微熱といった風邪のような症状が現れます。春から夏に流行しやすいです。

 

嘔吐、下痢が主症状の感染症

下痢、嘔吐、腹痛

  • カンピロバクター感染症
  • 嘔吐、下痢といった消化器症状が現れる感染症で、肉(特に鶏肉)などを食べることによって起こる食中毒の原因となることが多いです。

  • サルモネラ感染症
  • 嘔吐、下痢、血便といった消化器症状を引き起こす感染症で、夏場に流行する鶏卵を介した食中毒の原因となる感染症として有名です。

  • 髄膜炎
  • 頭痛、発熱、項部硬直、嘔吐といった症状を引き起こします。細菌性髄膜炎とウイルス性髄膜炎が主なものです。

  • ノロウイルス感染症
  • 主に冬場に嘔吐や下痢といった消化器症状を引き起こす感染症です。加熱不十分な牡蠣などの二枚貝を食べることで起こる食中毒の原因として有名です。

  • ロタウイルス感染症
  • 嘔吐や下痢などの消化器症状が感染症で、特に冬に流行しやすいです。ほとんどが子供に起こります。

  • 腸管出血性大腸菌感染症
  • 主に夏場に集団食中毒を引き起こし、激しい水様便の症状が現れます。重症化すると死に至ることも少なくありません。

 

咳、肺炎が主症状の感染症

咳

  • RSウイルス感染症
  • 咳、鼻水といった症状が現れる感染症で、肺炎を引き起こすこともあります。ほとんどが2歳までの子供に起こります。

  • 結核
  • 咳、たんなどの症状を引き起こします。近年感染者数が再び増加傾向にあります。

  • 百日咳
  • 長期間咳が持続することが特徴です。短い咳を連続し、顔が真っ赤になり舌を出すレプリーゼという症状が出てくると治療効果が出にくくなります。

  • マイコプラズマ感染症
  • 咳、肺炎など呼吸器系の症状が特徴の感染症で重症化すると呼吸困難が起こることもあります。

 

感染症の予防対策

感染症記事一覧

RSウイルス感染症|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

RSウイルス感染症はパラミクソウイルス科に属するRSウイルスが引き起こす感染症です。低年齢の小児に起こりやすく、小児の肺炎の原因の代表例です。ここではこRSウイルス感染症の概要、症状、予防法、治療法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

アデノウイルス感染症(プール熱、はやり目など)|感染症の症状、予防、治療|母子の...

アデノウイルスは現在確認されているだけでも50種以上の型が存在するウイルス群です。このウイルスは感染すると風邪のような症状を引き起こします。ただ、ウイルスの型によってどのような症状が現れるかは異なってきます。ここでは、このアデノウイルスの引き起こす感染症の概要、症状、予防法、治療法について詳しく紹介...

≫続きを読む

 

インフルエンザ|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

インフルエンザはインフルエンザウイルスによって引き起こされるウイルス感染症です。インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型の3種類が存在しますが、C型は人に対して流行を引き起こさないため、人の感染症となるのはA型、B型のいずれかです。インフルエンザにかかると、高熱、関節痛、風邪様症状が起こります。こ...

≫続きを読む

 

おたふくかぜ|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

おたふくかぜはムンプスウイルスというウイルスが引き起こす感染症の一種です。この感染症では耳下腺や顎下腺が炎症によって腫れてしまうことからおたふくのような風貌になるため、こういった名称となっています。ここではこのおたふくかぜの概要、症状、予防法、治療法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

カンピロバクター感染症|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

カンピロバクター感染症はカンピロバクター属に属する細菌によって引き起こされる感染症です。食中毒の原因菌としても有名な細菌で、嘔吐、下痢といった消化器症状を主に引き起こします。ここではこのカンピロバクター感染症の概要、症状、予防法、治療法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

サルモネラ感染症|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

サルモネラ感染症はサルモネラ属に属する細菌によって引き起こされる細菌感染症です。嘔吐、下痢といった消化器系の症状を引き起こす感染症として知られています。ここではこのサルモネラ感染症の概要、症状、予防法、治療法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

はしか(麻疹)|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

はしか(麻疹)は麻疹ウイルスによって引き起こされるウイルス感染症です。はしか(麻疹)にかかると発熱などの風邪様症状の他、赤色の発疹が出現します。ここでははしか(麻疹)の概要、症状、予防法、治療法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

ヘルパンギーナ|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

ヘルパンギーナはウイルスが引き起こす感染症です。原因ウイルスはコクサッキーウイルスという種類のウイルスです。いわゆる「夏かぜ」の代表例です。ここではこのヘルパンギーナの概要、症状、予防法、治療法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

マイコプラズマ感染症|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

マイコプラズマ感染症はマイコプラズマという細菌によって引き起こされる感染症です。肺炎など呼吸器症状が現れることが特徴です。ここではこのマイコプラズマ感染症の概要、症状、予防法、治療法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

ライノウイルス感染症|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

ライノウイルスは一般的な風邪の代表的な原因ウイルスとして有名です。大人の風邪の50%はライノウイルス感染によるものと言われています。ここではこのライノウイルスの引き起こす感染症の概要、症状、予防法、治療法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

リンゴ病|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

リンゴ病は(伝染性紅斑)はヒトパルボウイルスというウイルスが引き起こす感染症です。発症後に頬が発疹で赤くなることからこのような名称となっています。ここではこのリンゴ病の概要、症状、予防法、治療法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

ロタウイルス感染症|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

ロタウイルス感染症はレオウイルス科に属するロタウイルスが引き起こす感染症です。主に嘔吐、下痢といった消化器症状が起こります。特に乳幼児に起こりやすい感染症です。ここではこのロタウイルス感染症の概要、症状、予防法、治療法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

結核|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

結核は結核菌が引き起こす細菌感染症です。おじいさん、おばあさん世代が感染している昔の病気というイメージがありますが、近年患者数が増加傾向にあり、今後注意が必要な感染症となっています。小児が結核に感染すると重症化することも多いのでより注意が必要です。ここでは、結核の概要、症状、予防法、治療法について詳...

≫続きを読む

 

手足口病|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

手足口病はコクサッキーウイルスの一種が引き起こす感染症です。文字通り、手、足、口に発疹などの症状を引き起こします。ここでは、この手足口病の概要、症状、予防法、治療法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

水ぼうそう(水痘)|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

水ぼうそう(水痘)はヘルペスウイルスの仲間である水痘・帯状疱疹ウイルスが引き起こすウイルス感染症です。全身に水疱ができることが特徴です。ここでは水ぼうそう(水痘)の概要、症状、予防法、治療法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

川崎病|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

川崎病は小児に起こりやすい病気で、持続的な発熱、発疹、手足の腫れなどの症状が起こります。原因については詳しく解明されていないものの感染症による発病が疑われる病気です。ここではこの川崎病の概要、症状、治療法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

帯状疱疹|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

帯状疱疹は水痘・帯状疱疹ウイルスが引き起こす病気です。激しい痛みを伴う水疱が出現することが特徴です。ここではこの帯状疱疹の概要、症状、治療法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

突発性発疹|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

突発性発疹はヒトヘルペスウイルス6型、および7型が引き起こすウイルス感染症です。小さな子供に起こりやすい感染症で、高熱と発疹の症状が現れることが特徴です。ここではこの突発性発心の概要、症状、予防法、治療法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

百日咳|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

百日咳は百日咳菌という細菌の感染によって引き起こされる細菌感染症です。名前の通り、100日間咳が続くほど長引く咳が症状の特徴です。ここではこの百日咳の概要、症状、予防法、治療法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

風疹(三日ばしか)|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

風疹(三日ばしか)はトガウイルス科に属する風疹ウイルスが引き起こすウイルス感染症です。はしか(麻疹)に症状が似ており、症状がそれよりも軽度であることから三日ばしかとも呼ばれています。ここではこの風疹(三日ばしか)の概要、症状、予防法、治療法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

溶連菌感染症|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

溶連菌とは溶血性連鎖球菌のことを指します。この溶連菌の引き起こす感染症では、咽頭炎や扁桃炎が起こり、また舌が赤く腫れることが特徴です。重症化すると腎炎を起こすこともあります。また、一部は劇症型溶血性レンサ球菌感染症となり、手足の壊死などが起こることがあり、「人食いバクテリア」とも呼ばれており、きちん...

≫続きを読む

 

ノロウイルス感染症|感染症の症状、予防、治療|母子のための病気の教科書

ノロウイルスはノロウイルス属に属するRNAウイルスの一種です。冬場に嘔吐下痢を引き起こすウイルスとして有名です。生ガキによる食中毒の主要原因ウイルスです。ここではこのノロウイルス感染症の概要、症状、予防法、治療法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

腸管出血性大腸菌感染症|母子のための病気の教科書

腸管出血性大腸菌感染症はO157などの腸管出血性大腸菌によって引き起こされる感染症です。O157の他にはO25やO111が病原性の高い腸管出血性大腸菌として有名です。ここではこの腸管出血性大腸菌感染症の概要、症状、予防法、治療法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

ウイルスの構造と消毒薬の有効性に関して|母子のための病気の教科書

感染症を引き起こす微生物の1つにウイルスというものがあります。消毒はウイルス感染症の予防策として重要なものの1つです。ただウイルスの種類や消毒薬の種類によっては消毒が効かないことがあります。この消毒薬の有効性にはウイルスの構造が大きく関連しています。そこでここでは消毒薬の有効性とウイルスの構造の関連...

≫続きを読む

 

子供の手洗いで気を付けるポイント|母子のための病気の教科書

手洗いは、うがいや消毒と同様に感染症を予防するために非常に重要です。特に消毒薬が無効なウイルスに対しては、手洗いで物理的に洗い流すという方法が最も予防に有効です。ここでは手洗いの有効性と正しい手洗いの方法を紹介します。

≫続きを読む

 

SPトローチの効果と使用上の注意点|母子のための病気の教科書

SPトローチは飴のようになめることで消毒効果が得られる薬です。ノドの炎症が起こっている際に使用されることが多いです。特に子供が使用する場合はうがいによる消毒が難しいため、SPトローチの方が効果が得られやすいというメリットがあります。ここではそのSPトローチの効果と使用上の注意点について紹介します。

≫続きを読む

 

髄膜炎|母子のための病気の教科書

髄膜炎とは、脳や脊髄を外側から覆って保護している髄膜という膜に炎症が起こった状態をいいます。場合によっては脳に障害が残ったり死に至ったりすることもあります。ここでは髄膜炎の概要、症状、治療法、予防法について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

 
母子の身近な病気について 子供の薬の使い方 予防接種 よく使われる薬の解説 お問い合わせ