"/>

 

よく使用される薬一覧

 

ア行

 

カ行

 

サ行

 

タ行

 

ナ行

 

ハ行

 

マ行

 

ヤ行

 

ラ行

 

ワ行

よく使われる薬の解説記事一覧

アレグラ(フェキソフェナジン)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教...

アレグラ(フェキソフェナジン)はアレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみの治療に用いられる薬です。7歳未満の小さな子供にはアレグラドライシロップ5%、7歳以上ではアレグラ錠30mg、12歳以上ではアレグラ錠60mg、アレグラOD錠60mgが処方されます。また、錠剤にはフェキソフェナジンという商品名でジェ...

≫続きを読む

 

アレロック(オロパタジン)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科書

アレロック(オロパタジン)はアレルギー性鼻炎、じんましん、皮膚のかゆみの治療に用いられる薬です。アレロック顆粒、アレロック錠2.5、アレロックOD錠2.5、アレロック錠5、アレロックOD錠5といった商品が存在します。ここではアレロック(オロパタジン)の効果と特徴について紹介します。

≫続きを読む

 

フロモックス(セフカペンピボキシル)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病...

フロモックス(セフカペンピボキシル)は様々な細菌感染症の治療に用いられているセフェム系抗生物質の一種です。飲み薬は錠剤の他、子供でも飲みやすい細粒が存在します。ここではこのフロモックス(セフカペンピボキシル)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

ナウゼリン(ドンペリドン)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科書

ナウゼリン(ドンペリドン)は吐き気止めとして使用される薬です。細粒、ドライシロップ、錠剤、OD錠、坐剤と様々な剤型が存在します。特にOD錠と坐剤は嘔吐や吐き気によって飲み込むことが困難な状態の方でも使用しやすくなっています。

≫続きを読む

 

アスベリンの効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科書

アスベリンは咳を止め、痰を切れやすくする効果を持つ薬です。特に子供の風邪治療には頻繁に使用される薬です。アスベリンにはシロップ、散剤、ドライシロップ、錠剤という剤形が存在します。ここではこのアスベリンの効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

イナビルの効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科書

イナビルはインフルエンザウイルス感染症の治療に用いる薬です。また、インフルエンザウイルス感染の予防のためにも用いられます。イナビルは粉末の薬を吸入する吸入薬です。粉末の吸入が可能な子供や大人に使用されています。ここではこのイナビルの効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

アモキシシリン(サワシリン、パセトシン、ワイドシリン、アモリン)の効果、副作用、...

アモキシシリンはペニシリン系の抗生物質です。商品名はアモキシシリンの他、サワシリン、パセトシン、ワイドシリン、アモリンといったものがあります。様々な細菌感染症に使用されます。ここではこのアモキシシリンの効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

リレンザの効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科書

リレンザはインフルエンザの治療に用いられる薬です。粉を吸入するタイプの薬で、日本では最初に発売された抗インフルエンザ薬です。タミフルで異常行動による死亡事故が起こって以来、同じ吸入タイプのイナビルとともにインフルエンザの際には頻繁に使用されるようになりました。ここではリレンザの効果、副作用、その他の...

≫続きを読む

 

オノン(プランルカスト)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科書

オノン(プランルカスト)は気管支喘息やアレルギー性鼻炎といったアレルギー疾患の治療に用いられる薬です。小児用のドライシロップ、成人用のカプセルといった剤形が存在します。またジェネリック医薬品の場合は成人用の錠剤も存在します。ここではこのオノン(プランルカスト)の効果、副作用、その他の特徴を紹介します...

≫続きを読む

 

タミフルの効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科書

タミフルはインフルエンザウイルス感染症の治療に用いられる薬です。現在、インフルエンザの治療にはタミフルの他、イナビル、リレンザ、ラピアクタの3種類の薬が主に使用されていますが、タミフルは唯一飲み薬です。ここではタミフルの効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

ツロブテロール(ホクナリン、セキナリン、ベラチン)の効果、副作用、その他の特徴|...

ツロブテロール(ホクナリン、セキナリン、ベラチン)は気管支を拡張させることで、気道が狭くなることによって起こる呼吸困難、ぜんそく発作を軽減したり、咳を起こりにくくする薬です。成人用の錠剤、小児用のドライシロップといった飲み薬の他、1日効果が持続するようにできているテープ剤が存在します。ここではツロブ...

≫続きを読む

 

モンテルカスト(キプレス、シングレア)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための...

モンテルカスト(キプレス、シングレア)は気管支喘息、咳喘息、アレルギー性鼻炎に使用される薬です。成人には普通錠やOD錠、小児用には細粒やチュアブル錠が処方されます。ここではモンテルカスト(キプレス、シングレア)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

トスフロキサシン(オゼックス)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教...

トスフロキサシン(オゼックス)は細菌感染症に用いられるニューキノロン系抗菌薬です。飲み薬としては子供用の細粒、錠剤が存在し、その他目薬もあります。ここではトスフロキサシン(オゼックス)の内服薬に関することを中心に効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

セチリジン(ジルテック)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科書

セチリジン(ジルテック)は花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎やじんましん、皮膚疾患に伴うかゆみを抑える効果のある抗アレルギー薬です。セチリジン(ジルテック)には5mgと10mgの錠剤の他、小児でも飲みやすいドライシロップという粉薬も存在します。ここではこのセチリジン(ジルテック)の効果、副作用、そ...

≫続きを読む

 

レボセチリジン(ザイザル)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科書

レボセチリジン(ザイザル)はアレルギー性鼻炎、じんましん、皮膚疾患に伴うかゆみを改善する抗アレルギー薬です。ザイザルは小児用のシロップと2.5mgと5mgの錠剤が存在します。ここではレボセチリジン(ザイザル)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

エピナスチン(先発医薬品:アレジオン)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための...

エピナスチンはアレルギー性鼻炎、じんましん、皮膚のかゆみの治療に用いられるアレルギー性疾患治療薬です。エピナスチンは先発医薬品のアレジオンの他、アズサレオン、アルピード、ピナジオン、ユピテルといったジェネリック医薬品も販売されています。ここではエピナスチンの効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹...

≫続きを読む

 

メキタジン(ゼスラン、ニポラジン、ヒスポラン、ベナンザール)の効果、副作用、その...

メキタジン(ゼスラン、ニポラジン、ヒスポラン、ベナンザール)は気管支喘息、アレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみの治療に用いる抗ヒスタミン薬です。子供にはシロップ剤と細粒が用いられ、15歳以上には錠剤が用いられます。ここではメキタジン(ゼスラン、ニポラジン、ヒスポラン、ベナンザール)の効果、副作用、そ...

≫続きを読む

 

ケトチフェン(ザジテン、ジキリオン等)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための...

ケトチフェン(ザジテン、ジキリオン等)は気管支喘息、アレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみの治療に用いる第二世代抗ヒスタミン薬です。商品名はザジテン、ジキリオンの他、スプデル、セキトン、マゴチフェンというものが存在します。飲み薬では小児用のドライシロップやシロップの他、成人用のカプセルも存在します。ま...

≫続きを読む

 

オキサトミド(セルテクト、セルトミド等)の効果、副作用、その他の特徴|母子のため...

オキサトミドは気管支喘息、アレルギー性鼻炎(錠剤のみ適応あり)、アトピー性皮膚炎、じんましん、かゆみなどに用いる抗ヒスタミン薬です。子供用のドライシロップと成人用の錠剤の2つの剤形が存在します。オキサトミドの商品名は先発医薬品のセルテクトの他、アトピクト、オキサトーワ、ガーランド、セルトミド、トーラ...

≫続きを読む

 

クロルフェニラミン(ポララミン、ネオマレルミン等)の効果、副作用、その他の特徴|...

クロルフェニラミン(ポララミン、ネオマレルミン等)はアレルギー性鼻炎、風邪に伴う鼻水、くしゃみ、咳、肌のかゆみの治療に用いる第一世代抗ヒスタミン薬です。粉薬の散薬、ドライシロップやシロップ、さらに錠剤タイプの飲み薬もあります。1965年に発売された非常に古い薬ですが、今でも広く使用されています。また...

≫続きを読む

 

シプロヘプタジン(ペリアクチン)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の...

シプロヘプタジン(ペリアクチン)はアレルギー性鼻炎、感染症に伴うくしゃみ・鼻水・咳、じんましん、かゆみの治療に用いる抗ヒスタミン薬です。子供でも服用しやすいペリアクチンシロップ、ペリアクチン散の他、主に成人用に使用される錠剤も存在します。ここではシプロヘプタジン(ペリアクチン)の効果、副作用、その他...

≫続きを読む

 

ロラタジン(クラリチン)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科書

ロラタジン(クラリチン)はアレルギー性鼻炎、じんましん、かゆみの治療に用いられる薬です。錠剤の他、子供でも飲みやすいドライシロップや口の中で溶けるOD錠という錠剤も存在します。先発医薬品のクラリチンには、普通のOD錠よりも素早く溶けるレディタブ錠という剤形も存在します。ここではロラタジン(クラリチン...

≫続きを読む

 

ペミロラスト(アレギサール、ペミラストン)の効果、副作用、その他の特徴|母子のた...

ペミロラスト(アレギサール、ペミラストン)はアレルギー性鼻炎、気管支喘息の治療に用いられる薬です。飲み薬は普通の錠剤の他、子供でも飲みやすいドライシロップという剤形も存在します。また、アレルギー性結膜炎の治療に用いられる同一有効成分の点眼薬も存在します。ここではペミロラスト(アレギサール、ペミラスト...

≫続きを読む

 

トラニラスト(リザベン)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科書

トラニラスト(リザベン)は気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎といったアレルギー性疾患やケロイド、肥厚性瘢痕(盛り上がった傷あと)の治療に用いられる薬です。成人向けのカプセルの他、小児でも飲みやすい細粒やドライシロップといった剤形も存在します。また、アレルギー性結膜炎に使用する点眼液も存在...

≫続きを読む

 

オラペネム(テビペネム)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科書

オラペネム(テビペネム)は肺炎、中耳炎、副鼻腔炎の治療に用いられる抗生物質です。幅広い種類の細菌に効果を示す薬で主に難治性の細菌感染症に使用されています。ここではオラペネム(テビペネム)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

セフジトレンピボキシル(メイアクト)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病...

セフジトレンピボキシル(メイアクト)はあらゆる細菌感染症に用いられる抗生物質で、セフェム系抗生物質という種類に分類されます。普通の錠剤の他、小児でも飲みやすい細粒タイプの飲み薬も存在します。ここではこのセフジトレンピボキシル(メイアクト)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

セフジニル(セフゾン)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科書

セフジニル(セフゾン)は様々な感染症の治療に用いられるセフェム系という種類の抗生物質です。セフジニル(セフゾン)にはカプセルの他、小児でも飲みやすい細粒タイプの薬も存在します。ここではこのセフジニル(セフゾン)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

セフテラム(トミロン)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科書

セフテラム(トミロン)は様々な細菌感染症の治療に用いられるセフェム系抗生物質です。成人用の錠剤の他、小さな子供でも飲みやすい小児用の細粒も存在します。ここではこのセフテラム(トミロン)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

セフポドキシムプロキセチル(バナン)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病...

セフポドキシムプロキセチル(バナン)は様々な細菌感染症の治療に用いられるセフェム系抗生物質です。成人用の錠剤の他、小さな子供でも飲みやすいドライシロップも存在します。ここではこのセフポドキシムプロキセチル(バナン)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

ファロペネム(ファロム)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科書

ファロペネム(ファロム)は様々な細菌感染症の治療に用いられるペネム系抗生物質です。成人用の錠剤の他、小さな子供でも飲みやすいドライシロップも存在します。ここではこのファロペネム(ファロム)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

ホスホマイシン(ホスミシン)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教科...

ホスホマイシン(ホスミシン)は細菌感染症の治療に用いられる抗生物質です。主に成人に用いられる錠剤の他、小児でも服用しやすいドライシロップが存在します。その他点滴薬や中耳炎などで用いる点耳薬も存在します。ここではこのホスホマイシン(ホスミシン)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

ミノサイクリン(ミノマイシン)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教...

ミノサイクリン(ミノマイシン)は様々な細菌感染症の治療に用いられる抗生物質です。成人用の錠剤、カプセルの他、小児でも服用しやすい顆粒や点滴薬も存在します。ここではこのミノサイクリン(ミノマイシン)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

バラシクロビル(バルトレックス)の効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の...

バラシクロビル(バルトレックス)は単純疱疹(ヘルペス)、水痘(水ぼうそう)、帯状疱疹、性器ヘルペスの治療に用いられる抗ウイルス薬です。成人用の錠剤の他、子供でも飲み込みやすい顆粒という剤形が存在します。ここではこのバラシクロビル(バルトレックス)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

クラバモックス、オーグメンチンの効果、副作用、その他の特徴|母子のための病気の教...

アモキシシリン・クランブラン酸カリウム(クラバモックス、オーグメンチン)は細菌感染症の治療に用いる薬です。成人の場合はオーグメンチン配合錠、小児の場合はクラバモックス小児用配合ドライシロップという商品名で販売されています。ここではアモキシシリン・クランブラン酸カリウム(クラバモックス、オーグメンチン...

≫続きを読む

 

デスロラタジン(デザレックス)の効果、副作用、その他の特徴|アレルギー性鼻炎(花...

デスロラタジン(デザレックス)はアレルギー性鼻炎(花粉症など)、じんましん、皮膚疾患に伴うかゆみの治療に用いられる薬です。子供用のシロップ薬や粉薬はなく、錠剤のみ存在します。12歳から服用することができる薬です。ここではこのデスロラタジン(デザレックス)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介...

≫続きを読む

 

セファレキシン(ケフレックス)の効果、副作用、その他の特徴|抗生物質、細菌感染症...

セファレキシン(ケフレックス)は細菌感染症に用いられる抗生物質です。カプセル、細粒、顆粒の薬が存在します。ここではこのセファレキシン(ケフレックス)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

セファクロル(ケフラール)の効果、副作用、その他の特徴|抗生物質、細菌感染症治療...

セファクロル(ケフラール)は感染症の治療に用いられるセフェム系抗生物質です。成人には主にカプセルが使用されますが、小さな子供でも飲みやすい小児用の細粒(粉薬)も存在します。ここではこのセファクロル(ケフラール)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

ビラスチン(ビラノア)の効果、副作用、その他の特徴|アレルギー性鼻炎(花粉症等)...

ビラスチン(ビラノア)はアレルギー性鼻炎(花粉症など)、じんましん、皮膚疾患に伴うかゆみの治療に用いられる抗ヒスタミン薬の1つです。剤形は錠剤のみが存在します。15歳以上に使用される薬です。ここではこのビラスチン(ビラノア)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

ベポタスチン(タリオン)の効果、副作用、その他の特徴|アレルギー性鼻炎(花粉症等...

ベポタスチン(タリオン)はアレルギー性鼻炎、じんましん、皮膚疾患に伴うかゆみの治療に用いられる抗ヒスタミン薬です。普通の錠剤の他、小児でも服用しやすいOD錠という剤形が存在します。ここではこのベポタスチン(タリオン)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

アシクロビル(ゾビラックス、ビクロックス)の効果、副作用、その他の特徴|単純疱疹...

アシクロビル(ゾビラックス、ビクロックス)は主に単純疱疹(口唇ヘルペス等)、水痘(水ぼうそう)、帯状疱疹の治療に用いられる薬です。性器ヘルペスの再発抑制のために用いられることもあります。普通の錠剤の他、子供でも服用しやすい顆粒という剤形も存在します。ここではこのアシクロビル(ゾビラックス、ビクロック...

≫続きを読む

 

トラネキサム酸(トランサミン)の効果、副作用、その他の特徴|止血剤、抗炎症薬

トラネキサム酸(トランサミン)は出血が起こっている時の止血薬、扁桃炎や咽頭炎に伴う咽頭痛・発赤・充血・腫脹等の症状の改善薬、湿疹やじんましんに伴う紅斑・腫脹・そう痒等の症状の改善薬として用いられる薬です。錠剤やカプセルの他、散剤(粉薬)やシロップ薬といった剤形も存在します。ここではこのトラネキサム酸...

≫続きを読む

 

スルタミシリン(ユナシン)の効果、副作用、その他の特徴|抗生物質、細菌感染症治療...

スルタミシリン(ユナシン)は細菌感染症に用いられるペニシリン系抗生物質です。飲み薬は成人用の錠剤の他、小さな子供でも飲みやすい細粒の薬が存在します。ここではこのスルタミシリン(ユナシン)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

スプラタスト(アイピーディ)の効果、副作用、その他の特徴|気管支喘息、アレルギー...

スプラタスト(アイピーディ)は気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の治療に用いられる抗アレルギー薬です。(アイピーディドライシロップ5%は気管支喘息にのみ適応あり)飲み薬の種類は成人用のカプセルの他、子供でも飲みやすいドライシロップがあります。ここではこのスプラタスト(アイピーディ)の効果...

≫続きを読む

 

クレマスチン(タベジールなど)の効果、副作用、その他の特徴|蕁麻疹、湿疹、かゆみ...

クレマスチン(タベジールなど)はじんましん、湿疹、かゆみなどアレルギー性皮膚疾患やアレルギー性鼻炎の治療に用いられる抗アレルギー薬です。飲み薬は錠剤の他、子供でも飲みやすい粉薬(散剤)やシロップ薬も存在します。ここではこのクレマスチン(タベジールなど)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介し...

≫続きを読む

 

デキストロメトルファン(メジコン等)の効果、副作用、その他の特徴|咳止め

デキストロメトルファン(メジコン等)は咳止めとして利用される薬です。成人用の錠剤の他、子供でも飲みやすい粉薬(散剤)が存在します。また、メジコン配合シロップはデキストロメトルファンの他に、去痰作用のあるクレゾールスルホン酸カリウムという成分を含有しています。ここではこのデキストロメトルファン(メジコ...

≫続きを読む

 

酸化マグネシウム(マグミット)の効果、副作用、その他の特徴|緩下剤、制酸剤

酸化マグネシウム(マグミット)は便秘に対する緩下剤、制酸剤、尿路シュウ酸カリウム結石の予防のために用いられる薬です。特に便秘の治療には広く使用されています。飲み薬は錠剤の他、小児でも服用しやすい細粒タイプの薬も存在します。ここでは酸化マグネシウム(マグミット)の効果、副作用、その他の特徴について詳し...

≫続きを読む

 

ジメモルファン(アストミン)の効果、副作用、その他の特徴|咳止め

ジメモルファン(アストミン)は咳止めの効果がある薬です。飲み薬は成人用の錠剤の他、子供でも飲みやすいシロップや散剤も存在します。ここではこのジメモルファン(アストミン)の効果、特徴、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

ペントキシベリン(トクレス、ガイレス)の効果、副作用、その他の特徴|咳止め

ペントキシベリン(トクレス、ガイレス)は咳止めとして使用される薬です。トクレススパンスールカプセル30mgというカプセルの薬の他、ガイレス錠10mgやペントキシベリンクエン酸塩錠15mg「ツルハラ」といった錠剤タイプの薬もあります。ここではこのペントキシベリン(トクレス、ガイレス)の効果、副作用、そ...

≫続きを読む

 

レスプレンの効果、副作用、その他の特徴|去痰作用を併せ持つ咳止め

レスプレンは咳止めとして使用される薬です。エプラジノンという有効成分を含有しています。錠剤しか存在しませんが、5mg錠、20mg錠、30mg錠の3種類があり、子供でも用量調節がしやすいようになっています。ここではこのレスプレンの効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

フスタゾールの効果、副作用、その他の特徴|咳止め

フスタゾールは咳止めとして使用される薬です。このフスタゾールの有効成分はクロペラスチンというものです。成人用のフスタゾール糖衣錠10mgの他、子供用のフスタゾール錠小児用2.5mgや粉薬のフスタゾール散10%という剤形が存在します。ここではこのフスタゾールの効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹...

≫続きを読む

 

ブロムヘキシン(ビソルボン)の効果、副作用、その他の特徴|去痰薬

ブロムヘキシン(ビソルボン)は痰を排出しやすくするために使用される去痰薬です。飲み薬は錠剤の他、子供でも服用しやすい細粒も存在します。吸入に用いる吸入液や注射剤も存在します。ここではこのブロムヘキシン(ビソルボン)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

ケイツーの効果、副作用、その他の特徴|ビタミンKの補充、ビタミンK欠乏性出血症の...

ケイツーはビタミンK2(メナテトレノン)が有効成分として含有されている薬です。出生後間もない赤ちゃんへビタミンKを補充する目的で使用されます。多くの子供にとって初めて服用する薬となります。ケイツーシロップというシロップ薬が主に使用されますが、場合によってはケイツーN静注という注射薬で投与されることも...

≫続きを読む

 

ピコスルファート(ラキソベロン)の効果、副作用、その他の特徴|下剤、排便促進

ピコスルファート(ラキソベロン)は主に便秘の治療に用いられる下剤です。大腸刺激性下剤という種類の下剤で、大腸の運動(蠕動運動)を促すことによって便が出やすくなります。錠剤の他、小児でも飲みやすく、用量調節もしやすい内用液も存在します。ここではこのピコスルファート(ラキソベロン)の効果、副作用、その他...

≫続きを読む

 

タンニン酸アルブミン(タンナルビン)の効果、副作用、その他の特徴|下痢治療薬

タンニン酸アルブミン(タンナルビン)は下痢の治療に用いられる薬です。粉末の薬しかありませんが、成人、小児とあらゆる年齢の下痢の方に使用される薬です。ここではこのタンニン酸アルブミン(タンナルビン)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

ガランターゼの効果、副作用、その他の特徴|乳糖不耐症治療薬

ガランターゼは乳糖不耐症に用いられる薬です。乳糖不耐症では乳糖を消化・分解する酵素の働きが不十分であるため、消化不良、下痢などの消化器症状が起こります。ガランターゼはその乳糖の分解を助けることで乳糖不耐症の症状を改善する薬です。剤形は粉薬のガランターゼ散50%のみです。ここではこのガランターゼの効果...

≫続きを読む

 

ミルラクトの効果、副作用、その他の特徴│乳糖不耐症治療薬

ミルラクトは乳糖不耐症の治療に用いられる薬です。乳糖不耐症では下痢や腹部膨満などが起こりますが、ミルラクトはこういった症状を改善してくれる薬です。ミルラクトは細粒タイプの粉薬しか存在しません。ここではこのミルラクトの効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

オリザチームの効果、副作用、その他の特徴│乳糖不耐症治療薬

オリザチームは乳糖不耐症に伴う下痢、消化不良などの消化器症状の改善のために用いられる薬です。剤形は顆粒タイプのものしかありません。ここではこのオリザチームの効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

カラシミーゼの効果、副作用、その他の特徴│乳糖不耐症治療薬

カラシミーゼは乳糖不耐症に伴う下痢や消化不良などの消化器症状を改善するために用いられる薬です。剤形は散剤という粉薬タイプのものしか存在しません。ここではこのカラシミーゼの効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

ロペラミド(ロペミン)の効果、副作用、その他の特徴│止瀉薬(下痢止め)

ロペラミド(ロペミン)は下痢止めとして使用される薬です。成人用のカプセルの他、子供でも服用しやすい細粒タイプの薬もあります。ここではこのロペラミド(ロペミン)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

アセトアミノフェン(アルピニー、アンヒバ、カロナール、コカール等)│解熱鎮痛剤

アセトアミノフェンは解熱鎮痛剤として広く使用されている薬です。医療用医薬品の商品名はアンヒバ、アルピニー、カロナール、コカールなどがあります。剤形も豊富で、錠剤の他、小児でも飲みやすい細粒、原末、シロップ、さらに坐薬タイプのものもあります。また、比較的安全な薬であるため、アセトアミノフェンは市販薬に...

≫続きを読む

 

フスコデの効果、副作用、その他の特徴│咳止め

フスコデは咳止めとして使用される薬です。風邪による咳だけでなく、気管支炎、肺炎、肺結核による咳を止める効果もあります。フスコデにはジヒドロコデインリン酸塩酸、dl−メチルエフェドリンリン酸塩、クロルフェニラミンマレイン酸塩の3つの有効成分を含む薬です。また、フスコデには錠剤の他、あらゆる年齢層の方が...

≫続きを読む

 

クラリスロマイシン(クラリス、クラリシッド)の効果、副作用、その他の特徴│抗生物...

クラリスロマイシン(クラリス、クラリシッド)はマクロライド系抗生物質で、細菌感染症に用いられます。成人用の錠剤の他、子供でも飲みやすいドライシロップという粉薬の剤形が存在します。ここではこのクラリスロマイシン(クラリス、クラリシッド)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

エリスロマイシン(エリスロシン)の効果、副作用、その他の特徴│抗生物質、細菌感染...

エリスロマイシン(エリスロシン)はマクロライド系の抗生物質で、細菌感染症の治療に用いられます。エリスロマイシン(エリスロシン)には成人用の錠剤の他、小児でも飲み込みやすい顆粒、ドライシロップという粉薬や点滴薬といった剤形が存在します。ここではこのエリスロマイシン(エリスロシン)の効果、副作用、その他...

≫続きを読む

 

アジスロマイシン(ジスロマック)の効果、副作用、その他の特徴│抗生物質、細菌感染...

アジスロマイシン(ジスロマック)はマクロライド系抗生物質で、細菌感染症の治療に用いられる薬です。錠剤、成人用ドライシロップ、カプセル、細粒、点滴薬と多彩な剤形が存在します。ここでは、アジスロマイシン(ジスロマック)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

ロキシスロマイシン(ルリッド)の効果、副作用、その他の特徴│抗生物質、細菌感染症...

ロキシスロマイシン(ルリッド)はマクロライド系抗生物質で細菌感染症の治療に用いられる薬です。剤形は錠剤しか存在せず、小児に使用されることはありません。ここでは、ロキシスロマイシン(ルリッド)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

ルパタジン(ルパフィン)の効果、副作用、その他の特徴│抗ヒスタミン薬、アレルギー...

ルパタジン(ルパフィン)は抗ヒスタミン薬の一種で、アレルギー性鼻炎、皮膚疾患(湿疹、皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うかゆみの症状を改善するために使用される薬です。ルパタジン(ルパフィン)の剤形は錠剤しか存在せず、12歳以上の方に使用されます。ここではルパタジン(ルパフィン)の効果、副作用、その他の特徴に...

≫続きを読む

 

アゼラスチン(アゼプチン)の効果、副作用、その他の特徴│抗ヒスタミン薬、アレルギ...

アゼラスチン(アゼプチン)は抗ヒスタミン薬という種類の薬で、花粉症などアレルギー性鼻炎、じんましん、アトピー性皮膚炎など皮膚疾患に伴うかゆみの治療に用いられる薬です。ここではこのアゼラスチン(アゼプチン)の効果、副作用、その他の特徴について詳しく紹介します。

≫続きを読む

 

ゾフルーザ(バロキサビル)の効果、副作用、その他の特徴│抗インフルエンザ薬

ゾフルーザ(バロキサビル)はA型、およびB型のインフルエンザウイルス感染症に対する治療薬です。タミフル(オセルタミビル)、イナビル(ラニナミビル)、リレンザ(ザナミビル)といった従来から広く使われてきたインフルエンザの治療薬とは異なる作用メカニズムでインフルエンザに対する治療効果を発揮する薬です。こ...

≫続きを読む

 

 
母子の身近な病気について 子供の薬の使い方 予防接種 よく使われる薬の解説 お問い合わせ